りんご(20代男)の婚活ブログ

~恋愛に興味がなかったりんごの婚活の足跡~

婚活パーティーに参加するべきか? ~個人情報のお話~

こんにちは、"りんご"です。

 

今回の記事は、個人情報の話です。

 

婚活は初めての経験なので、悩むことも多いです。

自分の年齢でも悩んだりしていますが、

また別の機会にお話しします。

 

今回は婚活パーティ行こうと思ってりんごが考えたことについて

雑談していきたいと思います。

 

婚活パーティの流れ

例えば、PARTYPARTYさんのホームページで見つけた婚活パーティ

f:id:konkatsu_ringo:20190915134435p:plain

PARTYPARTYより引用

新宿西口なのでりんごが参戦することはありませんが、

こんな感じのパーティに参加するとします。

当日の流れは以下のような感じになるそうです。

 

f:id:konkatsu_ringo:20190915134622p:plain

当日の流れ

自己紹介が始まって、

連絡先を交換するみたいです。

この時に交換されるのはメールアドレスのようですが、

メールでのやり取りは現代的ではない。

そうなったらLINEを交換することが現実的でしょう。

 

LINEを交換したら?

りんごのLINEアカウントは本名で登録されています

本名って立派な個人情報ですよね。

 

次にこの名前を、Googleを使って検索してみましょう。

そうすると一番上に出てくるのが

××大学○○研究室というホームページです。

そうです。りんごはこの研究室に2年間所属していました。

 

そのホームページを開くと、

過去メンバーという欄に、

名前とともに現在働いている会社名が記載されています。

りんごは東海地方在住なのですが、

働いている会社は東海地方に主な拠点がありますので、

晴れてBINGO!!!となるわけです。

 

後は結構簡単なお仕事です。

一度顔を合わせていたら、会社の前で探せば見つかりますし、

そうでなくても社員さんに声を掛けたりしたら見つかります。

会社の人にあることないこと言われたら悪い評判だって立ちます

 

ポロっと生活面の話をしてしまったら、

(通勤時間とか、実家暮らしかどうかとか、よく行くお店とか)

そこで待たれる可能性すらあります。

 

個人情報の扱い方

皆さんも一度本名でググってみましょう。

一番怖いのはFacebookです。

結構私生活の写真をUPしてる方が多いと思います。

ちゃんとセキュリティ確認しましょう。

 

理系生に多いのが研究室バレだと思います。

理系生の名前から出身大学を割り出すのとか結構楽なんですよ。

学生時代に論文を書いていたら、検索に引っかかります。

後はかわいい声で”どんな研究してたの?専門は?”と聞くだけで、

男性は答えてしまうものです。

 

特に自分は、就職先までバレてしまうのが痛い…。

自分の個人情報が1000円で女性に売られているって考えると

結構ためらってしまいます。

 

対策

LINEをニックネームに変更するのも一つの手です。

これをするだけで、LINEからの個人情報バレが一気に解消できます。

ただ、今更ニックネームに変えるのも何か変な気がします。

急に友達のアカウント名がニックネームになったらどう思うかな…とか。

 

ただね、LINEが一番連絡手段として楽なんですよね~。

 

 

信頼できる人からの紹介だったり、

たくさんお金を払っている結婚相談所なら

多少信頼してもいいのかもしれないけれど、

簡単に婚活パーティでLINEを教えてもいいものだろうか。

 

少し悩んで、結論が出てからの参戦にしたいと思います。

そんなこと悩む前にさっさと行った方がいいのかもしれません。

アドバイスとか、こんな方法があるよ~とか

何かありましたらコメントお願いします!

 

最近は記事に書く内容がなくならないように、

他の人のブログを偵察に行ってみようかな…と考えるりんごでした。